FC2ブログ

Home > 2011年10月18日

2011年10月18日

桜井甘精堂の栗かの子

先日お客様から、「桜井甘精堂」の「ひとくち栗かの子」を頂きました。

2011_3_0035.jpg

純栗あんに、栗の粒を練り合わせた、栗だけで作った、
贅沢の極みの「きんとん」です。
栗の実をつぶして熱を加えることで、あんは徐々に茶色がかり、
さらに時間をかけて煮込むことで、その色が濃さを増しますが、
添加物を使って、見た目を鮮やかな黄金色に変えることはせず、
そのまま提供しているそうです。

こちらの会社は、お客様のご実家の信州小布施で、なんと創業200年です!
小布施の栗の歴史は、およそ600年前の室町時代に始まるそうです。
当時この地方の領主が、故郷丹波国から栗を取り寄せ、
植えたのが始まりと伝えられています。
明治25年に「栗かの子」を創製し、全国に名を広めて行きました。

大粒の栗の程良い食感と、甘すぎない栗あんが絶品でした。

他にも、ようかん、どらやき、アイス等、栗商品満載で、
残念ながら、他に店舗がないのですが、HPから商品を購入出来ます!

現地では、栗おこわが食べられるお食事処や、
美術館まで併設されています。
信州に行った時には、是非行ってみたいと思いました。

桜井甘精堂のHP
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2011年10月18日

Meta
Links
Feeds

Page Top