FC2ブログ

Home > 2014年07月22日

2014年07月22日

豆子郎

先日お客様から、「豆子郎(とうしろう)」のお菓子を頂きました。

戦後まもなくの頃、満州鉄道のエンジニアであった創業者が、
生まれ故郷の山口に戻り、根っからの「おいしいもの好き」であったので、
よりおいしいお菓子が出来ないかを模索し、「豆子郎」が生まれたそうです。

DSC03603.jpg

<羹郎 燦(かんろうさん)>
小豆のこし餡、白小豆と白こし餡を用い、
豆子郎独自の製法による、羊羹と一味違った生用菓子仕立てのお菓子です。

DSC03606.jpg

<西京花>
昔ながらの黄身あんに夏蜜柑の香りを添え、現代風に仕上げています。

両方とも和菓子なのに,洋菓子感覚で美味しく頂きました。
山口県以外で唯一の関東でのお店が「あざみ野」にあります。

豆子郎のHP
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Home > 2014年07月22日

Meta
Links
Feeds

Page Top